darjjeelling apps website



Xamarin Studio for Macでアプリを作ってストア公開してみた5

(2016/9)
(この記事は、Xamarin for Macでアプリを作ってストア公開してみた4 のつづき。最終回です)

ic_launcherテスト

さて、前回までで鏡アプリとして作りたい機能の実装はすべてできました。
これでバンザーイ!終了!!♪(=゚ω゚)ノと言いたいところですが、まだまだやることは残っています。
まずは、テストですね。

一般にはテストコードを書いて実行、といくかと思いますが、このアプリではカメラを使った機能がほぼすべてですので、すべて手動で動作チェックします。
#テストコードの書き方の解説を期待してた方はすみません。

テストの内容としては、
・ボタンを押して左右反転が切り替わるか?
・ボタンを押して明るさ、ズームが変化するか?
・タップして画面が停止するか、もう一度タップして再開するか?
と、これまで実装してきた通りに動作しているか実機を使ってテストしましょう。

ちなみに、クラウド上で数百台の端末でテストできる環境もXamarinには用意されているみたいですね
有償ですが試すのもいいかもしれません
Xamarin Test Cloud
https://www.xlsoft.com/jp/products/xamarin/test-cloud.html
まずは評価版でお試しもできるみたいです。
こちらのベージが分かりやすいです。ぜひ参考にしましょう!
http://ytabuchi.hatenablog.com/entry/2016/06/23/133412

ic_launcherGoogle Playストア公開

さてテストが終わったら、Google Playストアへの公開の手続きのための準備をしていきます。
やり方は、、、、こちら!

https://www.xlsoft.com/jp/products/xamarin/publish_android.html

こちらが詳しくてわかりやすいです。
よく読んでその通りやりましょう!!

以上。(笑)

とまた他人任せですが、少しトピック的に追加話をしてみます。
でも、上のページもちゃんと読んでくださいね(笑

アイコンの準備

さて、このミラーアプリではアイコン画像としてこんなのを用意しました。
icon_main_60@3x

(ちなみに鏡の反射する様子をデザインしてます。ま、何でもいいですが)
ファイル名は”ic_launcher”です。これをアプリに反映させるためには、
MainActivity.csの宣言部分に「Icon=”@mipmap/ic_launcher”」という形で加えてあげます。

[Activity(Label = “@string/app_name”, MainLauncher = true, Icon = “@mipmap/ic_launcher”, ScreenOrientation = Android.Content.PM.ScreenOrientation.Portrait)]

また、アプリのアイコンは各種サイズ用意が必要になりますが、これが以外と面倒くさいですよね。
そんな際にちょっとオススメなのがこちらのWebサービス
https://makeappicon.com/

ここに大元の大きめな画像を加えてやると、Androidで必要なサイズの画像ファイル一覧を自動生成してくれます。それをダウンロードできます。
結果はこんな感じです。

スクリーンショット 2016-09-20 22.32.02111.png

とても楽ですので、もしよかったら試してみてください。

ストア公開ファイル作成

GooglePlayストアに公開するファイルを作るために、まずはキーストアの生成をします。
ターミナル上でコマンド実行でできますね。

$ keytool -genkey -v -keystore .keystore -alias -keyalg RSA -keysize 2048 -validity 10000

パスワードを設定したりしますが、詳しいやり方は先ほどのページをご覧ください。
キーストアができたら、XamarinStudioのプロジェクトオプションの中で指定してあげます。
それがこちら。
スクリーンショット 2016-09-20 22.34.36.png

各所に入力してください。そのあとビルド>アーカイブを実行すればOKです。

ちなみに、
ここの設定にパスワードとか書いておくと、プロジェクトファイル(mirror.Droid.csproj)の中に、パスワードがそのまま平文テキストで保存されちゃってるよ〜おいおい!
(ここに平文が入っている)

(ここに平文が入っている)

この仕様はやめてほしいですね。
せめて暗号化これ気づかずに間違えてGitHubにアップしちゃったらどうするんですか。

ま、ともかくもアーカイブができれば、あとはそのファイルをアップロードするのみです。

XamarinStudioを使って送信できるようですが、
なんとなく心配だったのでAPKファイルを直接Google Play Developer Consoleからアップしました。
こちらも参照です。
https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/113469?hl=ja

ファイルのアップロードが終われば、今度こそバンザーイ!終了!!♪(=゚ω゚)ノ

お疲れさまでした。

ic_launcherおわりに

これまで5回にわたってXamarin Studioのセットアップから、Xamarinを使った実装、ストア公開まで解説してきました。
めでたくこれで終了です!
ここまで読んでくださったみなさん、ありがとうございました。

最後にXamarin Studioを使ってアプリを作ってみた感想をいくつか述べたいと思います。

まず、Xamarinを使うにせよAndroidアプリ開発の知識は必要、という感じです。
ActivityやResourcesなどAndroidの基本的な事を知らないでXamarin開発しても、つまづいた時にすぐお手上げになります。
ネット上にあるXamarin開発の情報もまだ十分な感じはしませんでしたし、Android開発のページから情報を読み取る必要が出てくると思います。

また、今回はiOSは作りませんでしたが、これも同様にiOS開発の基本を知っておく必要があるのではないかと思います。
そう考えると、「なんだ全部知識必要なのかい!それに加えてXamarinも覚えて大変なだけじゃん!」という感じですが(笑)、
良い点としては、Android/iOSアプリを同じ言語C#でメンテできることですかね。
また、Android/iOSで共通コード部分が多くできれば、これもまたメンテが楽になって嬉しいですね。

あとアプリの動作スピードは問題ないレベルなのでは、と思いました。
とあっさり言ってみましたが、昔PhoneGapで作ったアプリのあの遅さを思い出すと、Xamarinは本当にすごいですね。驚くべき開発ツールだと思います。(今はあちらも改善されているのかもしれませんが)

Xamarinは今年、無料化されたツールということもあって、まだネット上に出ている情報も限られている感じがしますが、
記事も増えてきてこれから本格普及するのかも、という感覚がしています。
#この記事もみなさんの何かのお役に立てれば幸いです。

長くなりましたがあらためて、これまで読んでくださりありがとうございました。
Xamarin Studio for Macを使ってアプリ開発楽しみましょう。
それでは、さようなら!

<この記事で作ったアプリ>
鏡ミラー
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.darjjeelling.app.mirror
Get it on Google Play

<アプリのソース>
https://github.com/darjjeelling/mirrorapp

<記事一覧>
Xamarin Studio for Macでアプリを作ってストア公開してみた
Xamarin Studio for Macでアプリを作ってストア公開してみた2
Xamarin Studio for Macでアプリを作ってストア公開してみた3
Xamarin Studio for Macでアプリを作ってストア公開してみた4
Xamarin Studio for Macでアプリを作ってストア公開してみた5


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。